八卦クラス 

      

八卦掌 指導時間

月曜日 20:30〜22:00
水曜日 19:00〜20:30
金曜日 20:30〜22:00
土曜日 18:30〜20:00

 

********************************************

有料体験

八卦掌入門者インタビュー

鵜飼 淳亀谷 拓二野田 弘英


各クラスの指導内容

   月曜日 20:30〜22:00   指導員  草野遥介  統括:臼井真琴
   金曜日 20:30〜22:00   指導員  鮫島 大 

指導内容

 このクラスで指導する八卦掌は、程延華派八卦掌を基盤とし、私が各派の八卦掌を研究し、整理したものです。八卦掌では歩くことを非常に重視します。基本となる姿勢で円周上を歩き、正しい姿勢を身につけると同時に足腰を鍛えてゆきます。昔はひたすら長時間歩いたものですが、現在では同時に技の使用法を指導し、また組んで行い興味が持てるような指導もしています。本来、八卦掌は歩きながら打ち、一度動きはじめたら相手を倒すまで止まらない、外から内へ打つといった大きな特徴があり、それを体現できるよう日夜研究を続けております。

→ 詳細はこちら

 

  水曜日 19:00〜20:30     指導員 : 高橋 伸司

指導内容

 程廷華派中心です。武器法(双剣、棍、鉞)、禽拿術、散手他。 老若男女可、武術としてはもちろん、健康法として最適。担当者同系列のため水・土八卦掌クラス振替有効。

八卦掌門弟のブログ

 

  土曜日 18:30〜20:00     指導員 : 冨田 登

指導内容

稽古の内容は、大きく分けて三つになります。

1. 基本練習・・約20分 2. 型練習・・約30分 3. 約束組手と用法練習・・約40分 以下、簡単に各練習内容を説明します。
2. 基本練習・・ これは、呼吸法、単独基本功、組基本功になります。 呼吸法は、複式呼吸を行いながら体全体の姿勢と呼吸を一 致させる事を練習します。 単独基本功は、鉄鎖掌、せん掌、崩拳、腿法など基本的な技を個別に反復練習する ものです。 組基  本功は2人1組になって攻撃と受け・捌きを練習します。
3. 型練習・・ これは八卦掌の型練習です。 定式八掌、定架子、活架子、双剣があり、それぞれが8つの型によって成り立っています。 いずれも円周上を歩きまわりながら、左右均等に型を行います。「歩く」ことは八卦掌 の基本であり、腰を低くして歩くほど足腰の鍛錬になります。 定架子、活架子は歩きながら、各種の手技、足技を取り混ぜて行います。 また、双剣は両手に剣を持って行うものです。
4. 約束組手と用法練習 2人1組となって型と用法を練習します。 ここでは、八卦八法(天の型)、キンナ術(人の型)、腿法(地の型)を行います。 これは、掌打、拳打、足技、関節技を組み合わせ、連続して行うもので、 より応用に近いものです。 この他に、散手の練習として六十四散手の技のうち一部を取り入れて練習します。

また、日本の古武道である柳生心眼流も基本鍛錬の一環として行っています。

演武会ベストショット(臼井クラス)
演武会ベストショット(高橋・冨田クラス)
演武会ベストショット3(龍形八卦推手・擒拿)
演武会ベストショット(八卦 子午鴛鴦鉞(いんおういつ))
演武会ベストショット(六合螳螂拳)

********************************************

クラス紹介Topへ戻る