有料体験はこちら

八卦掌クラス紹介へ

 

テーマ:武術としての八卦掌

セミナー開催new!
2009年5月5日(火)、6日(水)
13:00−16:00

指導員:草野遥介、鮫島大、 統括臼井真琴 師範

 全日本中国拳法連盟師範。太極拳、形意拳、八卦掌、小林金鷹拳、柳生心眼流兵術、古流柔術格派、及び通背拳に精通・・・臼井真琴・八卦掌講座、沙国政老師直伝・通背拳講座、佐藤金兵衛直伝・大和道講座、佐藤金兵衛直伝・柳生心眼流兵術講座、八卦掌研究、など監修・指導ビデオ多数  

 程派八卦掌の動作を基本とし、八卦掌の基本的な動作から、具体的な使い方や応用技術を学びます。

 この八卦掌クラスは、伝統の技術を踏襲し且つ現代のシチュエーションにも対応可能な”使える”武術としての八卦掌を、臼井師範自らの豊富な武術経験に基づき研究された戦闘理論とともに直接指導を行うクラスになります。

 このクラスで指導する八卦掌は、程延華派八卦掌を基盤とし、私が各派の八卦掌を研究し、整理したものです。八卦掌では歩くことを非常に重視します。基本となる姿勢で円周上を歩き、正しい姿勢を身につけると同時に足腰を鍛えてゆきます。昔はひたすら長時間歩いたものですが、現在では同時に技の使用法を指導し、また組んで行い興味が持てるような指導もしています。 本来、八卦掌は歩きながら打ち、一度動きはじめたら相手を倒すまで止まらない、外から内へ打つといった大きな特徴があり、それを体現できるよう日夜研究を続けております。  

稽古の流れ

基本鍛錬

 八卦掌の動きを取り入れた基本的な反復運度を行います。これにより、ストレッチ効果、筋肉トレーニング、気の流脈を整え、八卦掌を学ぶために必要な体作りを行います。

 また武術を習得するにあたり、必要不可欠な突き、蹴り、気功法などの鍛錬も行います。

1.準備運動

 体を左右に捻る、反る、斜め捻るなどの動きから、気の流れが良くなるように背骨の動きを潤滑にし、八卦掌のしなやかな動きができるような体を養う。

2.数稽古

 蹴り、突き(穿掌)などの武術の基礎となる動きの反復練習により、基礎体力はもとより、打撃力や打撃のスピードを養う。

3.歩法、立禅

 八卦掌の基本的な歩法である擺歩、扣歩の反復練習により、走圏時の素早い歩法と方向転換の動作を養う。 また、立禅により、体の流れる気を整えると共に、体内に気を充実させる 。


型の稽古

  八卦掌の型を練習します。八卦掌の基本となる走圏(円周上を歩く)と方向転換を練習し、転掌八式、八母掌、八卦双剣などの各種套路を学びます。さらに上級者となれば八卦変化掌、連環掌、八卦棍、八卦刀と学んでいきます。


組手

いままでの基本鍛錬を実際に組んで練習します。
1.対人練習

お互いの手首を合わせ、托天掌にて走圏、転掌の練習を行う。

穿掌を活歩にて、前後左右に動く練習を行う。

2.対人鍛錬

鉄砂掌(掌で相手の突きを叩き落とす)、体靠(体の側面で体当りし、相手を吹き飛ばす)、臂靠(腕を当てて、相手の腕を弾く)など、体の部位をお互いに当て合い、鍛錬を行う。

 

応用練習

 転掌八式の型の使い方を練習。基本を忠実に対人でも再現することが必要とされる。

一人での基本型と

対人での応用型

 八卦双剣の応用。実際に剣を持った複数相手との戦闘を想定。双剣(2本の剣)を巧みに操り、迫りくる二人の剣を裁き、攻撃に転ずる。八卦の型が体に染み付いていないとスムーズな動きはできない。
 八卦対錬。八卦掌の技法を組み合わせた連続した型を二人で組んで行う。体裁き、攻撃、防御の連続性や素早い歩法など、シンプルながら淀みなくスムーズに行うにはかなりの鍛錬を要する。

演武会2007での八卦大刀:月曜八卦クラス草野指導員の演武

********************************************

jujutsu.comトップへ

有料体験はこちら

入門案内