査拳


査拳について
 査拳は中国北方回族で広く行われていた武術をその起源とします。明代に沿岸地方に猛威を振るった倭寇(日本の海賊)に対抗するため皇帝が義勇兵を募ったところ回族の武術の使い手で非常に優れた者がおり、その拳術をその者の名を付け査拳と名付けられたといわれております。 套路は非常に大きく、ダイナミックに動く点に特色があり、静の内家拳に対し、動の北派少林と例えることができます。 酔拳は映画で有名になったように泥酔者の歩みを武術として取り入れたものですが、基本を身につけた方でないと武術としての習得は難しく、当連盟では査拳有段者を対象として指導しております。